AutoCAD

CAD講座

AutoCADとは

ビジネスコース

AutoCADは、アメリカのオートデスク社が開発した汎用の図面作成ソフトウェアです。
建築・土木・機械分野をはじめとして様々な分野で利用されており、世界のスタンダードなCADとして全世界で最も高いシェアを持っています。 日本も例外ではなく、CADというとAutoCADを連想するほど普及しています。
AutoCADとAutoCAD LTの違いは、前者が2D/3D両方を扱うソフトであるのに対し、後者は2Dのみのソフトとなっていることです。3D機能を搭載したAutoCADは50万?100万円と価格が高いため、多くの会社ではAutoCAD LTが導入されています。

AutoCADでできること

 

  • 世界のスタンダードなCADとして高いシェアを誇ってます。様々な分野で使用されています。

 

AutoCAD

 

CADはコンピュータを使用して設計や製図をするシステムであり、製図作業や図面作成を正確に処理できること、編集が容易であること、データ化、ソフト間の互換性があること、一定の学習期間で技術修得が可能になる等の利点があります。
汎用CADによって、設計作業は次のような効率化がなされました。

 

  1. .繰り返し図形をコピーで作れるので効率的に作図可能。また、類似図面の作成が容易
  2. .コンピュータが持つデータから寸法を記入するため、単純な寸法ミスを無くせる
  3. 設計途中での寸法や面積の測定により、手計算の手間を省ける
  4. 設計したデータはプロッターに出力するので、細部まで正確な描画が可能

 

また、電気系ではプリント基板のパターンを効率良く設計するためのシステムが、半導体産業では集積回路のフォトマスクを設計するためのシステムが開発されるなど、分野によって効率化のため開発が進んでおり、ものづくりの中核を担っているのです。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ